月別アーカイブ
フリースペース
お勧めサイト
TOP

第二新卒の就職活動を応援するサイトです。

記念受験は他の受験者に迷惑?

超一流の有名大企業への就職は、いわば就活生の夢であり、これを実現できる人はなかなかいません。大抵の場合は夢半ばにして他の企業へ就職することになります。しかし本気で入社を希望している人は多く、そのために様々な対策をしています。最近では記念受験という言葉も出てきています。「あの有名な○○株式会社に挑戦したことがある」という話の種を作るために落ちることは分かり切っていても受験をするのが記念受験ですが、これは本気で入社を目指している人達に迷惑ですので、入社を諦めているのならば受験はしないようにしましょう。受験者が多くなれば、その分多くの試験が用意されることになります。例えばエントリーシートの作成を要求したり、SPI試験を何度か行ったり、筆記試験を何度も行わなければならなかったり…。また友人などと一緒に受験をして、会場で無駄話をするなどといった行為も迷惑になります。記念受験する人は、もしかしたら合格するかもしれない、と思っているのかもしれませんが、それによって他人に迷惑をかけるのはいかがなものなのかと思いませんか。

卒業したあとの就職も第二新卒ならば可能

新卒と言えばかつては大学などの学校を卒業前の学生だけを対象におこなっていました。既卒者は中途採用や転職採用などの形になりますが、今はここに第二新卒という採用形式も加わっています。これは学校をすでに卒業して働くなどしているものの、卒業から数年以内のタイミングで転職をおこなう場合には中途採用とは別の枠で採用しようという考え方です。新卒時の就職活動では本命として考えていた企業に断られてしまったものの、数年間働いたあとになっても当時の夢が捨てられないなどという場合にはこの方式での就職を再び目指すことになります。しかしながら、全ての企業がこうした方式を用意しているわけではありませんし、卒業から何年程度までをこの枠に当てはめるのかということも企業ごとに変わりますので、そのあたりはあらかじめ把握しておきたいものです。中途採用となると経験者のみということが多く、一気に不利になるのでその点は要注意と言えます。


学歴不問!未経験歓迎!中途採用求人情報(正社員)【株式会社コネクト】

Iターン就職に注目

最近Iターン就職という言葉が注目されています。都市部で生まれ育った学生が、地方の職場を見つけて移住し就職するスタイルを指します。Iターン就職が注目を集めている理由として、のんびりとマイペースで人生を歩みたいと思う人の増えていることが挙げられます。スローライフという言葉も広く浸透していますが、時間に追われてあくせく働くよりも、給料は多少少なくても自分の時間も作り、ワークライフバランスに恵まれた条件で仕事をしたいと思う人が多いわけです。また地方の場合、物価は都市部と比較して安く設定される傾向が見られます。ですから多少収入は少なくても、精神的に満たされた生活が送れることも多いです。中にはいったん都市部に就職して、地方に転職する人も増えています。結婚して所帯を持っている人が家族ごと、地方に移住して第二の人生をスタートするというケースも見られます。もし都会の生活に疲れたというのであれば、地方への就職・移住も検討してみてはいかがですか?